トップページ > 緑水工業の事業 > 工法の紹介

工法の紹介

状況、期間、コストに合わせ、最適な工法をご提案いたします。

パラボラ工法
概要

円形切断用路面カッターに円形球面状のダイヤモンドブレードを取り付け、鉄蓋上に360度回転して表面円形に切断し、無収縮モルタルを使用して鉄蓋の維持修繕作業を行う工法

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 円形球面が正確に施工できる
  • 1箇所を3時間以内に施工できる
  • 切断塊を無破砕で撤去できる
  • モルタルは悪条件下でも1時間後の圧縮強度が交通解放ができる強度に達する
  • ゼロ擦り付けのフラット仕上げができる
  • 仕上げの転圧工程をなくせる
FFT-S工法
概要

特殊ライナーに未硬化の樹脂を含浸させた材料を既設管渠の中に引込み、蒸気で硬化させることで、強度がある平滑なFRPパイプを形成し、管きょをリニューアルする工法

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 対象管渠に施工車両が近接できなくても施工可能
  • 屈曲、段差を有する種々の管種・管径に対応できる
  • 施工に要する設備が少なく、ライニング工程の標準道路占有作業帯が小さい
  • 強靭なFRPパイプとして更生できる(自立管としても対応できる)
EPR工法
概要

老朽化し、変形・破損した管梁の補修部に、短時間で自然硬化する樹脂が巻きついてあるチューブをあて、圧着させて補修部を硬化補修させる工法

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 非開削で短期間の補修作業
  • 管梁の種類を選ばない
  • 樹脂は水中でも短期間で自然硬化。施工中でも下水道管は使用可能
MLR工法
概要

マンホール内の劣化したコンクリート部分を除去した後、コンクリート腐食の原因となる硫化水素ガス等の接触をMLRモールドにより遮断し、エポキシ系MLR注入樹脂との一体化により既設コンクリートの強度復元を目的とする更生技術

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 腐食により強度が無くなったマンホールの強度復元をすることが可能
  • 硫化水素等の腐食要因を遮断し、長期間にわたりマンホールの防食効果を維持
  • マンホール内への侵入水、マンホール外への漏水を防止することができる
  • 全く路面の開削を必要としない非開削更生工法のため、粉塵問題、産廃物も無く工期の短縮も可能
  • 湿潤面でも注入樹脂は接着するので、水替え(インバート肩部以下の場合)、乾燥作業が不要。また、注入樹脂は溶剤を含まないので、 臭気問題も最低限に押さえることができる
  • 大型設備、重機を使わないので、騒音問題も無く、周辺環境に優しい工法
SPR工法
概要

老朽化したコンクリート管路などの内側に硬質塩化ビニル製プロファイルを用いた更生管を築造し、既設管と更生管の間隙にSPR裏込め材を注入することで一体化した複合管を構築する工法

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 人が入って作業可能な大口径管路に用いる
  • 円形、馬蹄形、矩形などあらゆる断面形状に対応できる
  • 長距離、曲線製管などにも対応できる
C-ONE工法
概要

プラスチックフィルムで外表面を被覆した樹脂含浸チューブを老朽管路内に反転挿入させ、樹脂含浸チューブを空気圧又は水圧で加圧し、老朽管壁に貼付け、その状態を保ち、樹脂含浸チューブを加熱又は常温で硬化させ、老朽管内面に水密性の高いプラスチックパイプを形成する。樹脂含浸チューブは、プラスチックファイバーの織布及び不織布のグラスファイバーを複合させることにより内圧に対し高い耐性を有する構成に構造されている。

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 非開削による老朽管の更生
  • 温水を使うことによる時間の短縮と安定した品質の確保
  • 本管・取付管の完全一体化
  • 侵入水の完全シャットアウト
  • 反転機によるスピーディーな施工
スルーリング工法
概要

液体の熱硬化性樹脂を含浸したライニング材を液体圧の作用により、管渠内に反転挿入して、ライニング材を管渠の壁面に空気圧により圧着した状態で、ライニング材の内側から温水で過熱することにより、含浸した熱硬化性樹脂を硬化させ、管渠内に新しい管を形成する工法です。

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 非開削による老朽管の更生
  • 現場条件に応じた板厚設計が可能
  • 工場生産により安定した高品質な材料を供給
  • 曲がり・段差・侵入水等がある管路も施工可能
  • 本管・取付管の一体化
クリスタルライニング工法
概要

クリスタルライニング工法は、止水(接着補強型止水工)、防食(塗布型ライニング工)、補強(補強ライニング工)を行う、機械を使用しない人力施工による工法です。それぞれ目的別に下地処理方法や積層過程に多少の違いはありますが、いずれも水中でも接着して硬化する性質を持っているクリスタルライニング材を使用する工法です。

工法の詳しい内容はこちら
特徴
  • 水中・湿潤施工が可能
  • 下水道全般(処理場・管渠・人孔)の補修に最適
  • 優れた接着力により、いかなる止水・防水も可能
  • コンクリートの補強材として使用可能
  • 土木、建築全般で使用可能
  • 飲料水(貯水槽等)の塗装修繕として使用可能
  • 耐酸性・耐アルカリ性・耐久性・塩害対策に優れている
  • 鉄筋コンクリートの劣化防止に最適
  • 外水圧0.2MPa・内水圧0.6MPa以上に耐えるので、完全止水および防水が可能
  • ガラスクロスまたは、炭素繊維を組み合わせることで、補強が可能

緑水工業の事業 会社概要 環境・社会活動 採用情報 お問い合わせ

プライバシーポリシー リンク