トップページ > 緑水工業の事業 > 排水処理設備等の維持

排水処理設備等の維持

排水管や排水処理設備などのトラブルをプロの技で解決します。

運転管理

工場や厨房などの排水処理設備は手入れが難しく、放っておくと環境・衛生面でのトラブルの原因になってしまいます。当社のノウハウを活かした定期清掃を行えば、「排水管が詰まった」、「汚水が逆流した」、「排水処理設備から悪臭がする」などのトラブルを未然に防ぎ、設備を安定的かつ安全に運用することができます。

排水・汚水管

工場内から排出される油水や汚水は、時間をかけてゆっくりと管内に付着します。放っておくと管内が詰まり、工場内に油水や汚水が逆流する可能性があります。トラブルを未然に防ぐため、定期的な管清掃をおすすめします。


管内の清掃状況
手前の茶色いところが管内に付着した汚れです
各種処理槽

汚水原水槽・沈殿槽などの底には、使用するうちに微生物の死骸や汚泥(砂も含む)が堆積し、水質の悪化や悪臭の原因となったり、ポンプの故障にもつながります。処理槽の清掃を行うことで、堆積物が除去され、処理能力を回復することができます。


堆積物吸泥作業
グリストラップ

グリストラップは、厨房・工場内からの排水に含まれる油脂の付着によって排水管内が閉塞するのを防ぐ装置です。清掃せずに放置すると汚水の逆流や異臭の原因となり、作業環境・衛生面に悪影響を及ぼします。

敷地内の側溝

側溝には雨で流れ込んだ土砂や落ち葉などが堆積します。草などが成長しやすい環境になり美観を損うだけでなく、豪雨時に溢れ出すこともあります。

管内テレビ調査

排水管内で何かしらの問題が考えられる時など、通常では見ることのできない管内状況をカラー映像で確認することができます。

排水管内面補修

地震災害、施設の老朽化などにより、管渠内にヒビや段差などが発生している場合があります。ヒビの隙間から流入した土砂が処理層内に溜まり、ポンプの故障の原因となったり、最悪、陥没事故に至るケースも考えられます。段差が生じている場合は、汚物などが詰まり、汚水が様々なところから溢れ出す可能性があります。
このような症状を、大掛かりな工事をすることなく短期間で補修することができます(EPR工法)。

除害施設運転管理

水質汚濁防止法の規制が厳しくなり、今まで以上の水質管理が求められるようになりました。
当社の専門知識を持った技術者が施設と水質の定期的な管理を行うことにより、良好な水質を保ちます。

産業廃棄物(汚泥)の中間処分場の案内

水分を多量に含んだ土砂・汚泥の処分は、大変やっかいなものです。当社では、これを中間処理施設で処理をして減量化し、安全な性状にして適正な処分をしています。

緑水工業の事業 会社概要 環境・社会活動 採用情報 お問い合わせ

プライバシーポリシー リンク