トップページ > 緑水工業の事業 > 管路施設に係わる業務

管路施設に係わる業務

上下水道処理施設の運転管理業務だけでなく下水道管路等の調査、清掃、更生工事まで包括的な事業を展開しています。

清掃

管渠内に堆積した土砂・付着物を高圧洗浄車、強力吸引車等で外部に排除し、管路内をきれいにします。

調査
潜行目視調査

人間が入る管渠(φ800mm以上)については、人が中に入り管渠内を潜行目視調査を行い、内容については報告書として提出します。

TVカメラ調査

狭くて人間が入らない管渠(φ50mm~φ2000mm未満)または、水量が多くて人間が入ると危険な管渠は、自走式TVカメラを用い管渠内の状況を正確に調査します。その内容は記録媒体を通して管理し報告書として提出します。

更生

下水道管路内の全面更生、部分補修、本管・取付管一体更生など非開削により施工を行い、下水道の延命化と費用負担の軽減が図られます。
下水道管路が老朽化に伴い管路内の破損等で水が円滑に流れなくなります。その場合、新たに開削して取り替える方法もありますが、老朽化した管路内に非開削で管の更生を行い、下水道管路の延命化と費用負担の軽減を行います。

緑水工業の事業 会社概要 CSR・環境・社会貢献 採用情報 お問い合わせ

プライバシーポリシー リンク